イーハトー部に入ろう!|いわて移住定住ポータルサイト

メールマガジン
登録は
こちら

コミュニティ

高田暮舎(たかたくらししゃ)

悩みを分かち合える場があれば、
移住の不安も解消できる

 「ポジティブな過疎地を創る!」をテーマに、陸前高田市への移住・定住サポートを通して新たなまちづくりに取り組んでいるNPO法人高田暮舎。移住・定住の相談対応をはじめ、暮らし情報の提供や空き家の物件案内、交流イベントの開催など、様々な活動を展開しています。」

 その中で2ヶ月に1回のペースで開催しているのが、移住者同士のネットワークを広げる「高田暮らし交流会」。陸前高田で暮らす人たちとオンラインで話したり、実際に顔を合わせて交流を深めるなど、交流会を通じて移住した若者たちが地域の人や移住仲間と出会い、地域に溶け込めるようサポートしています。テーマは、その都度異なりますが、基本的には肩肘張らずに、ゆる〜く語り合える気さくな場。友だちづくりを目的に参加する人も多く、様々なプロフィールの人たちが集います。

 また、空き家事業をきっかけに、副理事長の越戸浩貴さんが立ち上げたのが、漁師や農家など一次産業の見習いとなった移住者が、空き家を活用して共同生活をするシェアハウス『弟子舎(でしや)』。「悩みを抱えた時に相談できる人がいなくて、挫折して帰ってしまう移住者もいます。そんな時に同じような境遇の仲間がいれば心強いですし、良い意味での逃げ場になります」と、越戸さん。もともと一次産業の担い手不足と空き家問題の解決を目指して始めた取り組みでしたが、今では様々な職場で働く移住者やインターン生、地域の若者たちも集う「交流の場」となっています。

 高田暮舎が運営する交流会の様子やイベント情報は、Facebookでチェックできますので、陸前高田に興味のある方、住みたいと思っている方、友だちをつくりたい方は、参加してみてはどうでしょう。移住経験者や地域の人とつながっておくと、いろいろなアドバイスをもらえますよ。

高田暮舎
高田暮舎
定期的に開催されている「高田暮らし交流会」。情報交換や友だちづくりの場として多くの移住者が集まる。
高田暮舎
移住者のシェアハウスとして活用している「弟子舎」。右側、NPO法人高田暮舎の越戸浩貴さん。

[お問い合わせ先]
特定非営利法人高田暮舎
HP/http://takatakurashi.jp/
Facebook/https://www.facebook.com/TAKATAKURASHISHA/

ページの先頭へ